ビジネスシーンに合う!半袖シャツの選び方とおすすめブランドご紹介

ビジネスシーンに合う!半袖シャツの選び方とおすすめブランドご紹介

View this post on Instagram

スーツセレクト姫路 半袖シャツ‼︎‼︎ クールビズキャンペーン開催中‼︎ #スーツセレクト #クールビズ #半袖シャツ #姫路 #キャンペーン

A post shared by スーツセレクト姫路 (@suitselect_himeji) on

近年クールビズの浸透により、夏に近づくにつれて軽装の実施をうながす企業が増えてきた。そして浸透するにつれ、多くの方を悩ませていることが「ビジネスシーンにおける半袖シャツの着こなし」だ。

そこで今回は、ビジネスシーンに合う半袖シャツの選び方やおすすめブランドを紹介していく。

ビジネスシーンに合う半袖シャツの選び方

ビジネスシーンに合う半袖シャツを選ぶためには、着こなす際に意識することや半袖シャツのタイプといったポイントを押さえておくことが大事となってくる。

どれもがちょっとしたことなのだが、この「ちょっとしたこと」を意識するか否かで着こなしが大きく異なってくる。要点さえ押さえられれば、夏場のビジネスシーンに合ったおしゃれを楽しむことができるようになるため、ぜひ参考にしてほしい。

清涼感を意識する

View this post on Instagram

今日も暑いですね。クレリックの半袖シャツなら存在感があり、機能面も見た目も文句なしです。 #onlythinksuit #only #suit #kyoto #fashion #mensfashion #menswear #business #gentleman #ootd #スーツ #クールビズ

A post shared by 【新】ONLY公式アカウント (@only_thinksuit_official) on

まず、半袖シャツのタイプやデザインを考える前に「清涼感を意識する」ということが大切なポイント。

View this post on Instagram

半袖シャツを用いたクールビズスタイル。 淡いブルー×グレーで清涼感ある組み合わせに、黒革小物を配することでメリハリのある印象へ。 #onlythinksuit #only #suit #kyoto #fashion #mensfashion #menswear #business #gentleman #ootd #スーツ#スーツ男子 #クールビズ #四条烏丸

A post shared by 【新】ONLY公式アカウント (@only_thinksuit_official) on

定番の白のシャツやブルー系のシャツ、爽やかな色合いのストライプシャツを選ぶなど、できる限り清涼感が感じられるシャツを選ぶことでおしゃれな着こなしとなる。

また、基本的にジャストサイズのシャツを選択すること。あまりにもゆったりしていると、全体的にカジュアルになり過ぎるため、清涼感が薄れてしまう。

ビジネスシーンに合うシャツを選ぶときはまず、「清涼感があるか?」ということをまず念頭に置いて選び始めてほしい。

ビジネスシーンに合う半袖シャツのタイプ

ビジネスシーンの中において違和感なく着こなすことができる半袖シャツのタイプを紹介する。

「ワイドカラー」のシャツを選ぶ

View this post on Instagram

オーダーシャツの出来上がりです。 [生地] リネン 100% [衿型] ワイドカラー 先日ご紹介いたしましたHerdmans Linen(ハードマンズリネン)を使用したリネンシャツのお色違いです。 こちらのブルー系のリネンも人気があります。 ホワイトに比べると、ブルー系の方が麻特有のネップ感がはっきり出ます。またメーカーによってもネップの出方が違いますので、色々見比べてみるのも楽しいです! ご参考にどうぞ . #linenshirt#ordershirt#widecollarshirt#widespreadcollar#shirt#suitsstyle#menssuit#menswear#mensfashion#mensclothing#mensclassic#bespoke#tailor#sumisura#tailoring#tailorkatsura#osaka#shinsaibashi#リネンシャツ#オーダーシャツ#ワイドカラー#シャツ#オーダースーツ大阪#テーラーカツラ#テーラー#大阪#心斎橋

A post shared by テーラーカツラ Tailor KATSURA (@tailor_katsura) on

基本的にノーネクタイで第1ボタンを外した着こなしをする半袖シャツは、襟元のタイプで印象が大きく変わる。普通タイプのシャツは、ノーネクタイの際に第1ボタンを外すと襟が折れてしまうため、好印象とは言えない。

そこでおすすめのタイプが「ワイドカラー」だ。ワイドカラーはレギュラーより襟足がやや高め。襟羽開きも広く、100度〜140度前後が一般的となっている。襟も通常のシャツと比べて折れにくいため、半袖シャツ単体でも着こなしやすい。

「ホリゾンタルカラー」のシャツを選ぶ

View this post on Instagram

久々のーーーー!オーダーシャツ🎵 今回はパターンオーダー! そして、久々のホリゾンタル✨ んー、店長会に来ていこうˉ̶̡̭̭ ( ´͈ ᗨ `͈ ) ˉ̶̡̭̭ #mensfashion#menswear #mensstyle#mensshirt #ordershirt#cotton100 #doublecuffs #メンズシャツ#オーダーシャツ #パターンオーダー #綿100#ダブルカフス#クレリック #ホリゾンタルカラー

A post shared by かめstagram (@kame2088) on

また、「ホリゾンタルカラー」はさらにおすすめ。ホリゾンタルカラーは文字通り、着用した際に襟羽開きが約180度になり水平(ホリゾンタル)に見えることが特徴。ワイドカラーシャツのなかでもとりわけ襟羽の開きが広い。

ノーネクタイでもきれいに襟が広がり夏らしいすっきりとした印象を与えてくれる。

「セミワイドカラー」のシャツを選ぶ

View this post on Instagram

先日お作り頂いたお客様のシャツです。イタリア🇮🇹のアルビニの生地で襟型はセミワイドカラーになります。 母の日は昨日終わりましたが、父の日は6月17日です! 今月中なら余裕で間に合いますよ~☺️。 #父の日プレゼント #東京堂シャツ #オーダーシャツ #クールビズ #italy #albini #fashion #fabric #Custommade #Bespoke #shirt #Tokyo #japan #madeinjapan #dope #followme #fathersday #アルビニ #オーダーメイド #シャツ #衣裳 #新宿区 #高田馬場 #西早稲田 #メンズ #レディース #インスタ映え #お洒落な人と繋がりたい #おしゃれさんと繋がりたい

A post shared by 東京堂シャツ tokyodo_shirt� (@tokyodo_shirt) on

半袖シャツにネクタイを組み合わせる際は、セミワイドカラーがよい。セミワイドカラーの襟羽開きは100度以上で、通常のレギュラーカラーより広くワイドカラーより狭い。

セミワイドカラーのシャツは、襟の剣先がジャケット着用時に隠れるなど、スーツとの相性がもともとよい。見る人は見ているポイントなので、意識しておきたいところ。

View this post on Instagram

メンズコーデの正解 意外な落とし穴もある、クールビズのマナー 詳細はプロフィールのリンクからご覧いただけます。 #sanyo_style_magazine#webmagazine#sanyo#sanyoshokai#fashion#三陽商会 #メンズコーデの正解#クールビズ#マナー#半袖シャツ#通勤コーデ#清涼感#mackintoshphilosophy

A post shared by SANYO_Style_MAGAZINE (@sanyo_style_magazine) on

また、ネクタイはニットタイをおすすめする。ニットタイはカジュアルなネクタイだが、半袖シャツの清涼感を損ねることなく全体を引き締めてくれるため、スタイリッシュな着こなしを実現してくれるからだ。

ニットタイも利用シーンや気分に応じて組み合わせていくことで、着こなしの幅が広がる春夏には必須のアイテム。

小見出し4 

「ボタンダウン」のシャツは控えめに

View this post on Instagram

今日から梅雨入りになりました☔ じめじめにやすい時期当社の吸水速乾半袖シャツはいかがですか😃 新作も続々入荷中、更に当店3L、4Lまでご用意しております。体格が立派な方も是非ご利用ください❗ #成田#千葉#富里#佐倉#酒々井#ドレスシャツ#ワイシャツ#シャツ工房#東京シャツグループ#夏#半袖#3L#4L#大きいサイズ #梅雨#爽やか#クールビズ #narita #tokyoshirts #brickhouse #通勤 #ビジネス #お洒落 #ファッション #仕事着 #followme#相互フォロー

A post shared by BRICK HOUSE by Tokyo Shirts成田店 (@brick_house_narita) on

「ノーネクタイと言えばボタンダウン」と考えている人は多いが、この選択はやや控えてほしいところ。ボタンダウンはもともと、イギリスのポロ競技用のユニフォームを元に考案されたカジュアルなシャツのため、ただでさえカジュアルな半袖シャツをさらにカジュアルな印象にしてしまう。

あくまでもビジネスシーンに合う半袖シャツを選ぶことが目的のため、ボタンダウンを着用するときは利用シーンに注意して使い分けてほしい。

ビジネスシーンに合う半袖シャツおすすめブランド

ここからは、高品質でコスパのよい国内外のおすすめブランドを紹介していく。

Maker’s Shirt 鎌倉(メーカーズシャツ鎌倉) [国内]

View this post on Instagram

『西裝店』 先生,請問需要為您服務嗎? 『The store』 Sir,may i help you? 『スーツストア』 いらっしゃいませ。どうぞご覧ください。 #西裝 #商店 #店 #服裝 #衣服 #光 #紳士 #淑女 #suit #suits #store #shop #clothes #dressing #light #gentleman #lady #スーツ #ショップ #ストア #お店 #服 #メーカーズシャツ鎌倉

A post shared by Photoer_NGO (@photoer_ngo) on

「日本人をお洒落にしたい」という想いからシャツとネクタイの専業ブランドとしてスタートしたメーカーズシャツ鎌倉。今では「鎌倉シャツ」の相性で親しまれ、神奈川県の鎌倉市から世界ブランドにまで成長した。

View this post on Instagram

#madison #mad #ny #newyork #coordinate #texteq #kamakurashirts #kamakura #makersshirtkamakura #jacket #suit #tie #shirt #trousers #order #mensfashion #ootd #fashion #style #outfit #madeinjapan #鎌倉 #鎌倉シャツ #メーカーズシャツ鎌倉 #スーツ #ネクタイ #シャツ #ジャケット #トラウザーズ #広尾

A post shared by Tex Teq (@tex_teq) on

商品数が豊富なだけでなく、綿やリネンなどの天然素材へのこだわりから生まれる自然な着心地が魅力。

さらに、ワイドカラーやセミワイドカラーをはじめとする定番から時代のトレンドに合わせた襟型まで、豊富なタイプの襟型を取り揃えているため、さまざまなシーンに合わせて選ぶことができる嬉しさがある。

また、自身に合うシャツサイズを見極める上でもっとも重要なネックサイズは、1cm刻みでサイズ展開する徹底的ぶり。

縫製技術も非常に高く、上質な国産のシャツを非常にリーズナブルに手に入れることができるおすすめのブランドだ。

土井縫工所 [国内]

View this post on Instagram

Doihoukousho is back again. 9/20より阪急メンズ東京で 「土井縫工所オーダー受注会」が始まりました。 初日から多くのお客様に御来店頂いております。 今回は初の1階でのイベントとなり、9/26まで開催しております。 皆様の御来店、心よりお待ちしております。 #doihoukousho #mtm #madetomeasure #madetoorder #shirtmaker #factorybrand #do1sewing #土井縫工所 #土井シャツ #doihks #オーダーシャツ #オーダーシャツ倶楽部 #シャツ倶楽部 #岡山県 #玉野市 #ファッション #fashion #イベント #受注会 #よろしくお願いします #がんばります #ビジネス #カジュアル #シャツ

A post shared by 土井縫工所 Shirt Maker 1952 (@doihoukousho) on

シャツ専業メーカーである、株式会社ドゥー・ワン・ソーイングから直営ブランドとして誕生した「土井縫工所」。

土井縫工所は「気品ある優雅な服装」というコンセプトのもと、徹底してドレスシャツへのこだわりを持ったブランド。清潔感・フィット感・上品さ・色彩バランスなど、気品あるドレスシャツ作りが人気を集めている。

ドレスシャツの美しさを損なわないために、「ポケットなし」を標準仕様としていることでも有名。

View this post on Instagram

#shirtmaker #岡山 #玉野

A post shared by 土井縫工所 Shirt Maker 1952 (@doihoukousho) on

また、着用者が感じる不満やストレスを少しでも軽減させるために、既成シャツからサイズ調整可能なオーダーシャツまで、4ラインでシャツを用意しているところも特徴的だ。

とくに、ハイエンドオーダーシャツの一歩手前、サイズや襟型のデザインを選ぶことができる「カスタムシャツ」は、コスパがよい上に自身に合った上質なシャツを選べることから好評。

生地・縫製・デザイン・シルエットを追求した土井縫工所のシャツは、単体で着用することが多い半袖シャツを選ぶ上で外すことのできないブランドと言える。

FAIRFAX(フェアファクス) [国内]

View this post on Instagram

クリスマスということで彼女に貰いました。フェアファクスのネクタイ。月曜から仕事納めまで頑張りまーす。 #necktie #ネクタイ #fairfax #フェアファクス #mensstyle #menssuits

A post shared by kjstagram (@kjm.no.money) on

1976年の東京・青山にて、アメリカントラディショナルの流れを受け継ぐネクタイブランドとして創業したフェアファクス。同社が展開するネクタイブランドに合うシャツを作るという目的のもと、シャツの展開をスタートした。

シャツ作りのコンセプトは、テーラードの技術や考え方を基にし、動きやすくて美しいシルエットを体型に左右されずに生み出すこと。

View this post on Instagram

. #ドレスシャツ#fairfax #フェアファクス #フェアファックス#thomasmason #トーマスメイソン#ペトロニウス #petronius #タブカラー#タブカラーシャツ#vゾーン #ネクタイ#2018年新作#秋冬新作#無地タイ#ソリッドタイ#ロンスト #ロンドンストライプ #ブラウン#ネイビータイ#コーディネート#メンズファッション . #dressshirts : t2036 #necktie : mj18397

A post shared by ウィンザーノット (@windsorknot_) on

今ではそのコンセプトを軸に、シャツ作りに筋肉の動きを研究し取り入れるまでに至っている。生地の多くは厳選したイタリアの生地を採用しているため、軽い上に柔らかく、適度なハリがある上質さが特徴的だ。

高品質なシャツをリーズナブルな価格で手に入れることができるため、大人の男性として押さえておいてほしいブランドだ。

Brooks Brothers(ブルックスブラザーズ) [海外]

View this post on Instagram

週末は #ブルックスブラザーズ へショッピングに出かけてみては―?

A post shared by ブルックス ブラザーズ (@brooksbrothersjapan) on

1818年にアメリカで創業し、アメリカントラディショナルを代表するブランド。アメリカでもっとも歴史のあるブランドとも言われ、「最高品質の商品だけをつくり、取り扱うこと」という基本理念は今でも変わっていない。

伝統を大切にしつつ、ケアが簡単なノンアイロンシャツを展開するなどの新しい挑戦を続けている。高品質で格式あるブルックスブラザーズのシャツは、ビジネスシーンに合う半袖シャツとしておすすめだ。

人気の記事